ココロの余白

ここに引っ越しします。

「CDデビュー」という記念日

ー 2017.11.14 ー
Hey!Say!JUMPのデビューシングル「Ultra Music Power」が発売されて10年。あの"風を切れ"から早10年。

 

いわゆるCDデビュー記念日である、本日。当のご本人方は、イベントを行っております。どんなイベントになったんでしょうね。私はそのイベントが始まる頃に仕事を終えた御身分、(ちゃんとUMP聴きながら帰ってきたぞ!)後ほどツイッターのレポートで楽しむとします。

 

ジャニヲタとして普通に祝っているCDデビュー日。9月の結成記念日とはまた異なるものなのでしょうか。とふと考えました。

 

グループとして頂いた曲
CDとして形に残るものになる
それを世に放った日

 

なので世間的に見ても、デビューシングルの発売こそデビュー。いわば、デビューシングルはグループにとっての名刺がわりとなる存在。


今でこそJUMPにも沢山の楽曲がありますが、この曲はこの10年で幾度も歌い重ね、これから先においても何度も歌い続ける特別な位置づけといっても過言ではないはずです。

 

なので、きっと誰よりも本人達が感慨深いものがあるのかなと思います。

 

2007年11月14日にCDショップで「Ultra Music Power」のCDを手に取ることはなかった私ですが、バレーボールの名残で聴き見しました。(それでもやっぱ10年前の私にJUMPを熱心に応援しているんだよ!と言っても信じないだろうな...)

 

それからこの10年間で沢山のシングル・アルバムを発表してきました。

 

2013年頃、裕翔くんへハマったことを機に、JUMPの良さを知り始めます。シングル「Ride with me」、アルバム「smart」あたりは当時買うか否か凄く悩んだことを覚えています。(今思えばあの時サクッと買っても同じだったな...)

 

予約をして初めて買ったのは「ウィークエンダー・明日へのYELL」初回投資と言いながら、初回は両A面どちらのパターンも購入しました。

 

「キミアトラクション」「Fantastic Time」は嵐のアルバムとの同発だったのでCDショップの店員さんに凄い目で見られたりも。

 

CDデビュー日ということで、JUMPのCDに纏わる話を連ねてみましたが、JUMPのCD1つをとってみても、ファンの方の数だけいろんなエピソードがあるんだろうなーと思います。それが10年分。こうやって積み重ねてくるものなのですね。

今、順当にシングルアルバムと新譜に恵まれるのも、メンバーの頑張りや活躍の賜物だと感じます。

 

この10年間、多感なお年頃でありながら手を取り合ってきたHey!Say!JUMPのみなさん、本当におめでとうございます。

 

先日のアリーナツアーを経て尚、ジャニーズらしいジャニーズを感じとりながら応援できることは嬉しいなと思いました。

 

ー 2017.11.14 ー
アリーナツアーで裕翔くんが「感謝の年」と仰っていたので、このアニバーサリーイヤーは祝福される度、言い足りないありがとうでメンバーそれぞれ溢れていたことだろうと思います。

私自身1ファンとしてこのタイミングで応援出来ていることへの感謝が大きいです。

 

大所帯グループだからこそ、沢山の才能もまだまだ詰まっていると思うので11年目以降も、色んな音楽で楽しませて頂きたいです。そしてまたその音楽を楽しめるコンサートに行けると幸いです。

 

JUMPも9人JUMPaper更新ともあらば、私だって!という謎の意識から取り急ぎ更新致しました。乱文お粗末様でした。

 

f:id:ameeeeeys:20171114231046j:image

 

( 見事に使い回しの写真 )