読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロの余白

ここに引っ越しします。

アイドル好きな #私を構成する9枚 について

ひとりごと

トピック「私を構成する9枚」について
 
最近、TwitterInstagramでも見かけていたタグで「私もやりたいな…」と思いながらも流してしまっていました。今回はてなブログのトピックにあがっていたので、折角なので書いてみようと思います!(上手くは書けないと思いますが…)
 
私は、長年のアイドルオタク(男女問わず)という事もあり、昔から日頃聞く音楽もアイドル中心なのですが…そこで「パッ!」と思いついた9枚はこちらです。
 

f:id:ameeeeeys:20160908153847j:image

 
アイドルの色が強すぎて、ただのミーハー感(笑)
”私を構成する”とあるだけ、思い入れの強いものをシングル・アルバム問わずチョイスしてみました。
 
画像左上から右進行に順番よく解説を。
 
①「MOMENT」/SPEED
SPEED初のベストアルバム!同郷ということでアクターズスクール時代から憧れる存在でした。特に好きなメンバーは、今井絵里子さん。ベストアルバムというだけあって収録曲は名曲揃いです。「White Love」のサビ手振りもよく学校で真似して遊んでいましたし…けれど好きな曲は「熱帯夜」というマセガキでした。今聞いてもどの曲も懐かしいです。2009年にはセルフカバーアルバム「SPEED LAND」を出していて、そちらも好きです。昔のあどけなさだけでなく、歌い直すことで曲自体の懐古感が高まると思っています。
 
②「ベスト!モーニング娘。1」/モーニング娘。
現在は、女の子グループは48グループに推しメンがいる私も小学生の頃はモー娘。に夢中でした。現在のモー娘。も少しだけわかります。当時はみんなモー娘。聞いていて、学校行くと「辻ちゃん派?加護ちゃん派?」ってありました(よね?)ちなみに当時の私の推しは、なっちこと安倍なつみさんでしたので、完全中立派でした(笑)このベストアルバムは、何かのご褒美に買って貰ったと記憶しているのですが、擦れるほど聞きました。何だかんだ、モー娘。にはまらなかったらアイドルソングに対する抵抗って拭えてなかったと思うのでそういう意味では凄く大事な1枚です。
 
③「a Day in Our Life」/嵐
私が櫻井さん中心に嵐を応援するきっかけとなったシングルです。ちなみにドラマ「木更津キャッツアイ」の主題歌です。デビュー時から嵐はグループとして好きでCDも買って貰っていたのですが、この曲はこれまでの嵐のイメージを覆されたというか…当時の私にとっては衝撃的でした。「え、嵐こんなにかっこよかったっけ…?」。今でもジャニーズの曲はカッコいい曲を気に入る傾向が強いので、その原点かなとも言えます。
 
④「HERE WE GO!」/嵐
③で記載した「a Day~」も収録されているアルバムなのですが、嵐のアルバムの中でもカッコいい曲が多く収録されています。今現在でもカッコいい曲には恵まれている嵐さんかと勝手に思っていますが、当時歌っているという点で、全体的に若干の背伸び感が出ているところがたまらず好きという個人の趣向の問題です。
 
⑤「Time」/嵐
「3連続嵐かよ…」って自分で選んでおきながら思ってしまいました。けれど、これでも私の中のよりすぐり選抜です。(やはりなんといっても嵐の音楽は私をつくってきているんだな…と思います。)④に記載した「HERE WE GO!」から⑤の間にも素敵なアルバムが沢山出たんですけれど、「Time」はファン評価も高いですよね。私の見解としてはアルバム全体を通して当時の”The嵐感”が強いと思っていて、結果そこに落ち着くのでしょうか。(余談ですが、1つ1つの楽曲観でいうと私はその次のドリアラが好きかもしれません。)
 
⑥「true blue」/ZONE
少し時系列が前後してしまいましたが、私、ZONEとても好きでした。ちなみに好きなメンバーは、MAIKOちゃん。そもそもは、世にも有名な「secret base~君がくれたもの」を聞いてZONEのことを知り、聞き始めました。その時はここまでハマることもないかなと思いましたが、底なし沼。「4人とも可愛い顔して、めちゃくちゃ楽器出来るの、ズルい!」って思っていました。(小さいころから既に”ハマったら抜けられない…”という基盤も作っていることがよく分かります。)このシングルは、コツコツ貯金をして自分自身で買ったCDなので覚えています。ボーカルのMIYUちゃんのクリアな声にのる爽やかな詩が当時の私を支えていました。
 
⑦「神曲たち」/AKB48
AKBにハマりだした頃、「曲聞きたいな~」と手を伸ばした1枚です。(動機は、「マジすか学園」を観ていたので「マジすかロックンロール」が聞けたら…と思ったまでですが)「言い訳May be」や「RIVER」、「涙サプライズ」といった「この曲聞いたことある!」という曲もあれば、「君のことが好きだから」や「遠距離ポスター」、「Choose me!」等今でも結構聞いている曲とはじめましてをしたのもこのアルバムありきです。モー娘。からなっちが卒業してからモー娘。からも少しずつ離れていたので「女の子アイドルは、卒業が付き物だからもう応援出来ないかも」なんて思っていたことが今では信じられません。現在進行形でヲタです。(推しメンの宮澤佐江ちゃんは、現在はSNH48SKE48所属ですが当時はAKB48にいました。)
 
⑧「オーマイガー!」/NMB48
絶滅黒髪少女」を聞いてNMBを好きになり、「オーマイガー!」で上西恵ちゃんを推そうと決めたので「絶滅黒髪少女」と迷いましたがこちらで。思わず耳から離れない軽快なメロディー、チアガール衣装のNMBが可愛い(欲をいえば推しメンの上西恵ちゃんのお団子ヘアーは至高なるものと言い続けてます。)、ダンスも可愛い(最後のピラミッドは驚きがあったけれど、「絶滅黒髪少女」でも正座とかしていたので抵抗はない。)
 
⑨「smart」/Hey!Say!JUMP
名盤!(←黙)ここまで書いていると嵐もNMBも集団から入って個を好きになる(推しが見つかる)という流れが多いのですが、JUMPは真逆で中島裕翔くん個人にハマり追っていく中でJUMPのグループとしての良さを知っている状態です。正直1枚聞くまではJUMP好き!とは言えなかったかなと思います。これまでJUMPといえば、ガッツリ可愛いアイドルソングを歌っているイメージしかなかったものの「smart」があってこそ「大人らしさの中にもしっかりグループとしてのカラーがある!」と気づくことが出来ました。まあ、その後からはひどく底なし沼だということはお気づきの通りです。
 
ちなみに”私を構成する”という点に重きをおいたのでアイドルアイドル…な9枚になりましたが、ジャニーズや48グループ以外の曲も聞くと言えば聞きます。
今回、文字にしてみることで「アイドルを好きになること・応援することの架け橋」として音楽が良く働きかけているんだろうなと振り返ることが出来ました。